3/18よりJWNET(電子マニフェストのシステム)の機能改善が行われました。

 

排出事業者の電子マニフェスト登録にて、入力パターンを検索出来るようになっています。
多くの入力パターンを登録してある場合、探すのが困難でしたが、パターン名で検索すれば、店舗番号や地域コード、処理フローコード等を先頭に付けておけば入力が容易になります。

 

特にチェーン展開している小売や飲食店は、店番検索出来るのは楽ですね。
廃棄物の種類が多く、多様な処理フローがある場合は、専用のコードを付けると楽ですね。

 

収集運搬会社、中間処理会社では、終了報告日が当日の日付が入るといった改善があり、スムーズに報告処理が出来るようになりました。